W&T(Wrap & Turn) 引き返し編み

W&Tは海外でよく使われる引き返し編みです。
Wrap & Turnという名前の通り、編み目に糸を巻いて(Wrap)、編地をひっくり返す(Turn)のがポイント。最初はとっつきにくく感じるかもしれませんが、慣れればとても簡単。知っておくと、いろいろなものを編むときに使える、とても便利な編み方です。

NOTE
・写真は分かりやすいように、引き返し編みの段はグレー、その前段はブラウンで編んでいます。
・ここではメリヤス編みでのW&Tを取り上げました。
・W&Tで目に巻きつけた糸を、次段で拾う作業は「picking up the wrap」(ラップの目を拾う)といい、日本の引き返し編みの「段消し」にあたります。「W&T」 も 「picking up the wrap」 も編地の表側と裏側で少々手順が異なります。

編地の表側でのW&T
wandt1
W&Tをする目の手前まで表編みで編む。

wandt2
W&Tをする目を左針から右針にそのまま移し、

wandt3
糸を前にまわす(目に糸をひっかける)。

wandt4
糸をひっかけたまま目を右針から左針へ戻し、

wandt5
右針と左針の間から糸を後ろへまわし、目に糸を巻きつける。

wandt6
糸を目に巻きつけたまま編地をひっくり返し、そのまま裏編みを編んでいく。

編地の裏側でのW&T
wandt_p
W&Tをする目の手前まで裏編みで編む。

wandt_p1
W&Tをする目を左針から右針にそのまま移し、目の手前にある糸を後ろにまわす(目に糸をひっかける)。

wandt_p2
目を左針に戻す。

wandt_p3
目に糸を巻きつけたまま編地をひっくり返し、そのまま表編みを編んでいく。

Picking up the wrap(編地の表側で前段のwrapを拾う場合)
wandt7
Wrap された目の手前まで表編みを編み、

wandt8
Wrapをすくいながら、

wandt9
そのままWrap された目に右針を入れ、

wandt10
一緒に表編みを編む。

Picking up the wrap(編地の裏側で前段のwrapを拾う場合)
wandt_p4
Wrap された目の手前まで裏編みを編み、

wandt_p5
目にWrapした(巻きついた)糸を右針ですくって、

wandt_p6
左針にのせ、

wandt_p7
右針をWrapされていた目とWrapの両方に入れ、

wandt_p8
一緒に裏編みする。

他のチュートリアルを見る