カテゴリー: 土産物

「災いを食べてくださる」 うそ(土焼き) 岡崎天満宮

2017年が明けて、はや三週間(弱)。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、今年の年明けのこと。
帰省を兼ねて、生まれ故郷、愛知県岡崎市のとある神社に初詣に出かけました。ここで正月中にだけ授与されるという、すこし変わった縁起物(お守り)があると聞いたのです。
ということで以下、心覚えを兼ねたレポートです。
uso_1


よく晴れた1月2日。
市街地を抜け、すこし上り坂になった細い道を曲がり、「岡崎天満宮」(→リンク)の駐車場に車をとめました。
こじんまりとした境内は、混み過ぎも空き過ぎもせず、ちょうどいいくらいの初詣客で賑わっています。のんびりとした雰囲気の参拝客が多いのは、ほとんどが近所の方だからでしょうか。

uso_2

この神社で正月中に授与されているのは「うそ」という縁起物です。
「うそ」とは、全国の天満宮で授与されている鳥の形をしたお守りのこと。大きな口が災いを食べてくれると信じられ、「替えましょ、替えましょ」と云いながら「うそ」を変えっこする、いくぶん不思議な神事「鷽替え」(→リンク)でも知られています。
一般的な「うそ」は、総本社・太宰府天満宮のものを含め木彫りですが(→リンク)、なんとここのは土焼き! 全国でも珍しい「うそ」なのです。
ちょろちょろと流れる水音を聞きながら手水をとり、境内を見まわしましたが、「うそ」はどこにも見当たりません。

uso_3


家族連れのあとから階段を上り、お参りを済ませ、向かって隣の授与所へ向かいます。
すると、ありました!
「鷽」と書かれた白い袋の横に、黒い顔をした、丸い目の奇妙なものが、にょきっ。
おー。 つるりとした頭とトボけた顔がなんともいえません(冒頭写真参照)。鳥、というよりなにかの妖怪のようでもあります。
袋はホッチキスで口を留めてありました。
「なかを見て、選んだりって…できますか?」
巫女さんに訊いてみましたが、やはりそれは無理とのこと(そりゃ、そうだ)。

uso_7

厄除けと合わせて一体いただき、先ほどの手水舎の前に戻ると、ああ、なんてことでしょう。
さっきは気がつかなかった本殿へと向かう階段脇。鳥の形をしたちいさな石像の足元に、たくさんの「うそ」がひしめき合っています。
「うそ塚」と石像にはありました。

uso_6


単独でもかなり目立ちますが、大量に集まると、また違った迫力があります。
前から後ろから、夢中で集合写真を撮っていたら、
「うそ、ってなに?」
「なにかね、かわうそ?」
まわりの人が遠巻きにひそひそと話し始めました。
「うそ」についてはもちろん、この神社の「うそ」がいくぶん変わった「うそ」であることも、あまり知られてはいないようです。

uso_5

後ろから。背中はみどり色。

uso_4
上から。ほんとにトリ?

一年間おまつりした「うそ」は、次の年の1月7日に「鷽替神事」を行い、この「うそ塚」に納めるのだとか。
お正月らしいパリッとした空気にみちた境内には、梅の木が何本もあり(名札付き)、早咲きの梅も咲いていました。ちいさいけれど気持ちのいい神社。
帰省する楽しみが、またひとつ増えたお正月でありました。

オマケ
その一、授与所の神棚には、十二支を従えた「うそ」が。
uso6


その二、学問の神様だけあって、ありがたい鉛筆も授与されておりましたよ。
uso5

20 February 2015 お雛さま

先日、お雛さまを出しました。
我が家のお雛さまは、土雛です。義母さんが娘時代、お父さんに買ってもらったものだそうで、娘の初節句のとき「よかったらどうぞ」と頂きました。

お内裏さま、お雛さま、三人官女、それに犬二匹とぼんぼり一組。それらぜんぶがおままごとのようにちいさく作ってあり、木製の屏風や飾り台もちゃんとついています。
人形についた細い針金を、飾り台の穴に差し込むと、雛壇が完成する仕組みで、無理のない形と飽きない顔が、じつはたいへん気にいっています。

しかし、いったいどこの土人形なのか。今のところ岡山のもの、とだけしか分らないので、ルーツを探しにいつか岡山へ行きたいものです。

土産物の記憶「寅童子」

このお正月、帰省にかこつけて郷土玩具「寅童子」を買いに、愛知県新城市にある鳳来山東照宮へ行ってきました。

鳳来山東照宮は並んで建つ鳳来寺と合わせて、江戸時代の旅行記にもよく出てくる名所です。
場所は愛知県東部。今の豊橋市の上あたりで、東海道からずいぶん外れた場所にありますが、浜名湖にあった新居関所を迂回するため、また家康ゆかり神社仏閣であるため、多くの人々が参拝したといいます。

東海道から離れた鳳来寺は、また難所としてもよく知られた場所でした。険しい山の上にあるため、足場の悪い崖をよじ登るだけでも一苦労。
そのため敬遠する旅人もなかにはおり、幕末の志士で、母親と半年間に及ぶ孝行大旅行をした清川八郎(しかし幕末の動乱でその後、34歳で暗殺される。無念)も、
「されども鳳来寺は山中にて、殊に難儀のよし、至るものいずれも後悔せざるなければ、格別の名所とても唯仏神あるのみなれば、我等も鳳来寺、秋葉山は延行の積(つもり)にいたす」
と、
「てか、鳳来寺って山の中で、行った人みんなが後悔するくらいすげーたいへんな場所で、おまけに名所っていってもお寺と神社だけだから、俺らも鳳来寺と秋葉山は今回はやめとくことにする」(超意訳)
と旅行記『西遊草』(岩波文庫)に書いているほどです。

我々も正月三が日、その難儀さを思い知らされるような急角度の山道を車で登り、山の中腹にある駐車場(たしか500円)に車を停めました。
と、駐車場から境内へ向う遊歩道に出てすぐ、二軒ほどある土産物屋で、もう「寅童子」を発見。店先の棚の上で、総勢六名(個?匹?)がずらりと並んでこちらを見ています。筆で描かれた顔が思ったよりも味わい深く、とてもかわいい。

寺に伝わる由緒によりますと、家康の母・於大の方は、夫広忠より強い男の子がほしいと願い、鳳来寺へ参詣して、薬師如来に祈りました。すると天文11年12月26日、つまり寅の年・寅の日・寅の刻に元気な男の子が生まれました。のちの家康公です。ところが不思議なことに、ちょうどその時、鳳来寺峯薬師の十二神将の一つ「真達羅大将(寅童子)」が突然、姿を消してしまいました。元和二年、家康が亡くなると、寅童子は再び元の場所に戻ったといい、そこから家康は寅童子の生まれ変わりだといわれるようになったということです。

「寅童子」は、この話をもとに作られた玩具で、円錐形の起き上がり小法師に、寅の絵付けがしてあります。昭和30年ごろから作られていたそうですが、平成の始めごろ途絶えてしまいました。しかし寅年である2011年に見事、復活。色ももとからあった黄土色に加え、鮮やかな橙色も加わってパワーアップしたのだとか。

駐車場から境内までは、舗装された遊歩道を行く、およそ10分の道のりです。青く連なる山々とその下に連なる人家が、冬枯れの木立の間からきれいに広がります。正月に降った雪が道のわきで溶け残り、凍った湧水がぽたぽたと冷たいしずくを落としているところもありました。

東照宮に着き、険しい石段を登ります。小ぶりだけれど威厳のある拝殿にお参りを済ませ、社務所で無事、「寅童子」を入手。現在は、高さ約10センチの通常バージョンの四倍はあろうかと思われる特大・寅童子も、現在は作られているそうで、社務所にはそちらもありましたよ。

「寅童子」は、いま我が家の玄関に飾ってあります。お正月の澄み切った空気、うっそうとした杉林に囲まれた拝殿、その前で静かに手を合わせる人々。見る度にそんな土産物の記憶がよみがえってくるようです。

 「寅童子」 愛知県新城市 鳳来山東照宮

現在は鳳来山東照宮で授与されている他、市内各所で土産物として売られているそうです。