極上の通俗小説

book_arubijin_img
店をやっていたころ、古本を棚に入れる(またはネットに上げる)とき、つい読みふけってしまう本というのがありました。やめようと思っても、なかなかやめられない。この『ある美人の一生』もそうやって出会ったなかの一冊です。

獅子文六はご存知のように昭和を代表する小説家の一人です。
しゃれたユーモアーを感じさせる作品には、テレビ・映画化されたものも多く(『娘と私』など)、随筆『飲み・食い・書く』など食通としても知られていました。
脚本家でもあり、若いころ演劇を学びにフランスに渡ったという経歴の持ち主でもあります(ちなみに最初の奥さんはそこで出会ったフランス人です)。

小説の主人公は「わき子」という名の女性です。明治生まれの彼女は、幼いころから誰もが認める飛び切りの「美人」でした。対して妹の「きみ子」は、「不美人という方でもないのだが、少し、顔立ちに癖が」とありますから、今でいうとファニーフェイスという感じでしょうか。

美人の姉と、そうでもない妹。獅子文六は、タイプの違う姉妹の山あり谷ありの人生を、結婚、出産、子の病死、不妊、夫の不貞、隠し子発覚、家族の死といった女の人生のあれこれを織り交ぜながらぐいぐいと進めていきます。

獅子文六は人を描くのがとても上手な作家です。
たとえばすばらしい美人であるわき子は、自分の美しさをきちんと認識する一方で、美人としてのたしなみも常に忘れない、嫌になるほど生真面目な優等生として描かれています。また妹のきわ子は、容姿はそれほどでない分、人あしらいがうまく、そのざっくばらんな性格とコミュニケーション能力で世間(そして人生)をうまく渡っていくタイプの女性です。
長所も短所もくっきりはっきり容赦なく描いてくれるおかげで、登場人物に確かなリアリティが生まれています。

また女性特有の声に出さない「無言のやりとり」も獅子文六は見落としません。
若き日のわき子は、自分の結婚と妹の縁談を無意識に比べ、より恵まれていない妹の縁談に賛成します。また中年に差しかかり、家庭生活が安定してきた妹のきみ子も昔は感じなかった姉への優越感を「姉ほどの美人でなくても、姉よりも幸福な現在を、掴んでいる」と抱くようになります。
ユーモアーを感じさせるテンポのいい文体にくるまれているせいで、まろやかになってはいますが、互いの境遇を自然に(でも決して悪意なく)計ってしまうふたりの様子がズバリと書かれていて、ところどころに挟まれるそのやりとりこそ「女の人生」だと思い知らされるようです。

獅子文六は、気難しいことで知られた作家でした。
周囲の人々の、時にはありがたくない癖や特徴にすばやく気がつき、それらのエッセンスを見事に拾いあげることができた。有名な気難しさは、もしかしたらそんな作家の「才能」からきたものかもしれません。登場人物が魅力的なこの本を読んでいるとそう思いたくなってきます。
また基本的にはハッピーエンドで、一気に読んでしまいたくなる面白さがありながら、鋭い人物描写のおかげで俗に流れすぎない。そういう意味でいうと、彼の作品はイギリスの作家ジェイン・オースティンやアガサ・クリスティに通じるものがあるような気もします。

朝ドラなみの人生を生きる二人の姉妹を追いながら、時折表れるイタ気持ちいい人物描写にツボを押され、なかなかページを閉じられない。極上の通俗小説です。

Amazonページ
獅子文六『ある美人の一生』1965年 講談社(ロマン・ブックス・現在版元品切)
獅子文六『ある美人の一生』1964年 講談社(単行本版・現在版元品切)
(本文冒頭の画像は、ソフトカバーのロマン・ブックス版です)