すまひといふく<br>『暮しの手帖』関連本<br><font color="#c06f99">sold out</font>

昭和17年/生活社
「婦人の生活の研究のかいらん坂(第二)」と読者ハガキ付
日焼け・カバー背下部テープによる補修有・経年による痛み有
装幀・佐野繁次郎
198p/タテ21・ヨコ15cm/ソフトカバー

『暮しの手帖』初代編集長・花森安治が、戦争中にかかわったとされる婦人誌。
パピリオでともに働いていた佐野繁次郎が装幀を手がけ、花森さんはペンネーム「安並半次郎」で「きもの読本」を執筆。また『暮しの手帖』の写真を創刊号から長年撮っていた松本政利もカメラマンとして参加しています。
本号は「すまい」と「衣服」というわけで、村岡花子「楽しい生活」、林芙美子「美しい家」、藤原あき「着ごなし」、武者小路実篤「希望を言へば」、長谷川時雨「桜の小袖」、佐野繁次郎「色を覚える」、谷口吉郎「日本間と洋間の区別」、吉田五十八「古老に聞く」と、作家から建築家までの誠に豪華な原稿が並びます。
レイアウト、文字組など、のちの『暮しの手帖』を彷彿とさせる本書は(読者ハガキのレイアウトも『暮しの手帖』そっくり)、戦時中の活動を詳しく語ることのなかった花森安治を知る上で外せない、資料的にも価値の高い一冊です。

sold out" />
商品カテゴリー: 商品タグ: