Sold Out

みだしなみとくほん
『暮しの手帖』関連本
SOLD OUT

装幀・佐野繁次郎
昭和16年/生活社
カバー付・カバー3.5cm&4cm程裂け有・経年によるシミ日焼け有
タテ27.5・ヨコ18cm/ソフトカバー/現在絶版

『暮しの手帖』初代編集長・花森安治が、戦争中にかかわったとされる婦人誌。
パピリオでともに働いていた佐野繁次郎が装幀を手がけ、花森さんはペンネーム「安並半次郎」で「きもの読本」を執筆。また『暮しの手帖』の写真を創刊号から長年撮っていた松本政利もカメラマンとして参加しています。
本号は「みだしなみとくほん」というわけで、横光利一「着物と心」、宮本百合子「働くために」、林芙美子「からだを作れ」、岡本一平「着るもの」、村岡花子「女のかんがへ」、鏑木清方「前垂」、森田たま「自分の着物」、佐野繁次郎「色彩教育第一」等の誠に豪華な原稿が並びます。大政翼賛会に関係のある出版社から出されていたこともあり、戦時色の強いプロパガンダ的な記事もあり。
レイアウト、文字組、内容(「襖にゆかたを張る」等)など、のちの『暮しの手帖』を彷彿とさせる本書は、戦時中の活動を詳しく語ることのなかった花森安治を知る上で外せない、資料的にも価値の高い一冊です。

商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,