『歌に生き恋に生き』藤原義江
佐野繁次郎装幀

¥ 2,500

藤原義江
序文・大佛次郎
装幀・佐野繁次郎
昭和42年初版 文藝春秋
帯付・経年による日焼けシミ有
カバー端すこし破れ
195 × 140 × 23mm /316p
ハードカバー
現在絶版

混血の私生児として生まれ、昭和の大オペラ歌手となった藤原義江。
モテモテでいつも女性に囲まれていた彼が、人生を振り返りつつ、これまでの女性遍歴をあけっぴろげに書いた自叙伝。
パリで出会った薩摩治郎八の秘書とのアバンチュール、当時「世紀の恋」と云われた人妻・あき夫人(その後結婚→離婚)とのなれそめ…。
次から次に出てくる華麗な女性遍歴に仰天しつつ、でもなぜか憎めない。ドンファンのさみしさと華やかさをあわせ持った、彼ならではの人間的魅力が感じられるとてもおもしろい一冊です。
佐野繁次郎の装幀も完璧!

在庫あり

商品カテゴリー: 商品タグ: