『エストニア・パルヌ郡の民族衣装』Parnumaa rahvaroivad

¥ 8,900

2017年/Saarakirjasyus
新刊・背角輸送により少痛み・その他良好
280p / タテ 305x ヨコ215 ×厚さ20mm
ハードカバー
テキスト・エストニア語

エストニア南西部のパルヌ湾沿岸に位置するパルヌ郡(ピャルヌまたはペルヌ)。
ここに伝わる美しい民族衣装を、それぞれの地域別にオールカラーでたっぷりと取り上げた豪華な一冊。
さまざまな縞模様で織られたスカート、華麗な刺繍がびっしりと施されたヘッドアクセサリー、すてきな模様が編込まれた靴下とミトン、きゅっと絞られた袖口のシルエットが格好いいワンピース、精緻なベルト織り…。
色づかい、形、模様など華麗な手仕事の技の競演は、洋裁にも手芸にも使えそうなインスピレーションの宝庫。
うつくしい写真にも大満足。とても良い本です。

今すぐ購入 続きを読む