『暮しの手帖』一世紀9号

¥ 1,800 (税込)

1958年初夏/暮しの手帖社
表紙・花森安治、挿画・花森安治
本文表紙日焼け
144p/タテ26・ヨコ18.3cm/ソフトカバー

『暮しの手帖』一世紀9号。『暮しの手帖』がまだ『美しい暮しの手帖』だった時代の号。本号の表紙は、毛糸だまとポットなどが描かれた写実的な表紙。英語の文字が踊るこの表紙を見ると、バタ臭くって、ちょっと高級で、生活に豊かな夢を持たせてくれた、発刊当時の『暮しの手帖』を感じます。
森田たま・平林たい子など著名な女性4人が買ったものを披露する「金百円也のお買物」、藤城清治の「ぬりえ」、蘇芳・藍など実際に染めた和紙が一枚づつ貼り込まれている「日本の紙」、武者小路実篤、三島由紀夫(!)などの随筆など、さすが初期の『暮しの手帖』らしい豪華さです。144p。
※初期はもともとの紙の質が悪く(今と比べると、紙自体の重さが軽くて痛みやすいです)、状態があまりよくありませんのでご了承ください。

在庫切れ

商品カテゴリー: